長崎迷宮旅暦

この記事は最終更新日から11年が経過しています。
長崎迷宮旅暦

「長崎迷宮旅暦」下妻みどり
書肆侃侃房
B6判、並製、192ページオールカラー 
定価1,680円(本体1,600円+税)
ISBN978-4-902108-83-5 C0026
2008年9月末刊行

異国情緒あふれる街、長崎。春夏秋冬、それぞれ魅力的な祭事があり、観光地として何度でも訪れたい街です。鎖国時代も外国に開かれていた窓口として、オランダや中国などとの交流が盛んに行われ、その名残が色濃く残っています。観光客で賑わうスポットから一歩路地に入ると、石畳の坂道や港を望む小径の情景が心を開放してくれます。長崎大好きな、長崎っ子の著者が、とっておきの散策・食べもの情報などをご紹介。長崎を住む人にも、そして、長崎を旅する人にも、長崎のことをもっともっと深く知ってもらう入り口になり、長崎散策が楽しくなる一冊です。