「光文社古典新訳文庫トークセッション」無事終了しました

この記事は最終更新日から10年が経過しています。

昨日開催された「光文社古典新訳文庫トークセッション」が無事終わりました。第1部(小川高義さん)、第2部(亀山郁夫さん)とも、作品にかくれたテーマを深く掘り起こしながら、学問への姿勢やお人柄が垣間見える、素晴らしいトークショーでした。終了後はサイン会も行われました。