オーサー・ビジット校外篇。予想以上の感動

この記事は最終更新日から10年が経過しています。

11/14(土)、作家・佐藤多佳子さんを迎えての「オーサー・ビジット校外篇」が開催されました。当日、遠くは鹿児島から中高生25名が集い、与えられた宿題である佐藤さんの3作品(『一瞬の風になれ』『しゃべれどもしゃべれども』『黄色い目の魚』)の感想から、普段読んでいる作家のこと、部活のこと、家族のことまで、進行役の大学生および佐藤さん本人とともに、和やかで活気にあふれた読書会でした。後半は佐藤さんのトーク。途中で質問タイムがありましたが、その質問の多いこと。オトナのトークショーでは見られない積極さに、ただただ感動するばかりでした。こんな子たちが将来、本屋さんや本の未来を支えるのかなぁ、などと希望を与えられた「オーサー・ビジット校外篇」でした!
(下の写真のうち、ポップは参加者の中高生が作成したものです!)