徳永圭子

この記事は最終更新日から14年が経過しています。

書店勤務
*建築はほほえむ

建築はほほえむ―目地・継ぎ目・小さき場
松山 巌
西田書店

日々、職場の中で、「書店が小さな『街』として愛されるにはどうしたらよいか」といつも考えます。忙しさの渦に巻かれて、そんな問いさえも忘れそうになったとき、気づくとこの本を手にしているのです。作家松山巖さんの文章はどれも好きですが、手の中に納まるこの本は、私の大切な道標です。